CSR

CSR|環境・品質への活動

環境・品質への活動

Activities for environment & Quality

人、社会、そして地球にやさしい企業としての責務を全うする。

消費型社会は、快適で便利である反面、地球環境を壊す要因の一つになっています。
この事に目を向けた時から、当社のISO14001認証取得への取り組みは始まりました。
資源を大切に、そしてCO2を極力抑えた「循環型社会」を企業活動に取り入れる事で、環境保全に貢献する取組みを続けていきます。

環境理念

Environmental philosophy

地球環境の保全や自然保護の大切さが益々重要になっている中で、事業活動により発生する環境負荷の低減や、循環型社会の形成に向けて、行動することが私たち一人ひとりの責務であると考えます。
小野高速印刷は、印刷技術をはじめ、総合的な「情報技術」による成品の制作・提供を通して、次の事項を基本として全社員が一体となり環境改善へ取り組み、「環境にやさしい企業」への成長と地域社会へ貢献する事を目指します。

環境方針

Environmental policy

  1. 環境マネジメントシステムを遵守し、運用を継続的に改善する事で、省資源をはじめ、汚染の予防に積極的に取り組みます。
  2. 当社の環境側面に関係し、適用される法規制及びその他の要求事項を遵守します。
  3. 環境マネジメントシステムの運営体制を構築し、以下の項目を環境目的・目標として取り組みます。
    • 環境への配慮を推進し、全社美化活動に取り組みます。
    • 不良紙(商業印刷含む)の発生削減に取り組みます。
    • 環境にやさしい印刷(有害物質発生を抑制)を推進します。
  4. 環境方針は、教育や文書の掲示等を通して、システムが適用される全ての人に周知します。
  5. 環境方針は文書化、実行し、維持します。又、ホームページによる公開とともに、社外からの求めに応じて開示し、提供します。


改定日2013年1月7日
小野高速印刷株式会社
代表取締役社長 小 野  徹

環境にやさしい印刷の実現を目指して

Aim to be an environmentally friendly business

オフセット印刷では、用紙やインキの他に「湿し水」と呼ばれる水を使用します。高品質な印刷物を仕上げるには綺麗な「湿し水」の使用が不可欠となりますが、使用後は産業廃棄物として扱われます。
当社は環境活動としてこの「湿し水」の排出量大幅削減のため、「湿し水」の循環装置を導入いたしました。「湿し水」を濾過し循環させる事で汚れた「湿し水」をリサイクル、絶えず綺麗な状態に保つ事で、「湿し水」の排出量大幅削減と、高品質な印刷を両立させます。
今回の取り組みは、当社の環境にやさしい印刷の実現へ向けた第一歩であり、今後更に環境にやさしい印刷の実現を目指し、可能性を追求していきます。

ISOへの取り組み

Approach to ISO

国際標準の品質管理を行うべくQMS(クォリティー・マネジメント・システム)を構築し、平成14年12月23日、ISO9001(2000版)認証を取得しました。 その後もQMS(品質管理システム)の継続的な改善を続け、平成22年4月6日にはISO9001:2008、JIS Q 9001:2008認証更新審査に合格しました。お客様に満足を提供するために、社員一人ひとりが品質に対する意識を高め、更なるQMSの改善・改良を続けます。